ミカルディスとミカルディスプラスの違い

現在日本国内で流通している降圧剤の種類には、Ca拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿薬などがありますが、ミカルディスはその中のアンジオテンシンII受容体拮抗薬という種類に属します。
作用としては、血圧を上昇させる原因となる体内物質(アンジオテンシンII)の受容体を直接阻害して、血管を広げることによって緩やかに血圧を下げるというものです。
このアンジオテンシンII受容体拮抗薬は、高い降圧効果のほかに動脈硬化からの臓器保護作用や糖尿病の発症の抑制効果も期待できるという理由で、日本国内のみならず世界でも近年主流となっている高血圧治療薬の一つです。
ミカルディスプラスは、このミカルディスの有効成分であるテルミサルタンに、尿量を増やして血圧を下げる効果を持つヒドロクロロチアジドという利尿薬の有効成分が配合されたものです。
どちらの成分も単剤でも降圧剤として使用されていますが、この2成分を同時に服用することでより相乗的な降圧効果が得られるということがわかっています。
また、2成分を配合錠にすることで服用の際の負担が軽減されたり、飲み忘れを防ぐメリットもあるということで、医療現場でも広く使われるようになりました。
服用は1日1回1錠ですので、ミカルディスとミカルディスプラスとの間に違いはありません。
ですがミカルディスプラスを服用する際の注意点としては、利尿薬の有効成分が配合されている分だけ降圧効果が高くなっていますので、これまでミカルディスを服用したことのある方でも、血圧の下がりすぎに気をつける必要があります。
また、すでに他の利尿薬を服用している方なども気を付ける必要があります。

ノルバスクで高血圧症や狭心症を治療