ミカルディス服用とストレッチやタオル体操で肥満解消

メタボリックシンドロームは現代社会を生きる人たちにとって脅威の疾患の一つとなっています。メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型の肥満を要因として高血圧、脂質異常症、糖尿病が引き起こされる病気であり、見た目には太っていない隠れ肥満と呼ばれる人たちもメタボリックシンドロームの恐れがあります。死の四重奏と呼ばれる四つの疾患への高いリスクがあることから、それによって死に至るような合併症を持ってしまう可能性があり、早期発見、早期治療が望まれています。
メタボリックシンドロームの原因は生活習慣に根ざしていることが多く、食事と運動によって内臓脂肪を減らすというのが基本方針となります。高血圧や糖尿病を併発しているのが典型的であり、その治療にはアンジオテンシン受容体拮抗薬であるミカルディスがよく用いられます。ミカルディスは長時間作用型の治療薬であるため日常的な血圧管理にはうってつけの薬物動態を有していることに加え、他の疾患に対してもよい効果が知られているからです。ミカルディスにはPPARγを活性化させる作用があり、インスリン抵抗性の改善やインスリン分泌不全の予防に効果があり、糖尿病治療に寄与すると言われています。
ミカルディスによる血圧管理と並行して重要視されるのが運動療法です。多くの肥満患者には運動週間がないため、そrを開始させるというのが難しい面があります。ストレッチのように軽い運動から始めて習慣をつけることを重視するのが大切です。タオル体操も気軽に自宅でできる体操であり、血圧の低下にも効果があると言われています。ストレッチやタオル体操によって習慣をつけることができればそれだけでも改善に期待ができます。ストレッチやタオル体操のような気軽にできる運動を広めることがメタボリックシンドロームの患者を減らすために必要となっているとも言えるでしょう。