副作用の「咳」に悩んでいた方にミカルディス!

降圧剤にはいくつかの種類があり、ACE阻害薬もそのひとつです。これは血圧を上げる作用のあるアンジオテンシンⅡという物質の生成を阻害することで血圧を下げるというものです。腎臓から分泌されるレニンという酵素からアンジオテンシンⅠが生成され、これにACEという酵素が働きかけることでアンジオテンシンⅡが生成されます。ACE阻害剤はこの酵素ACEの働きを抑える作用のある薬です。さらにACEを阻害すると、血管を広げて水分やナトリウムの排泄を助け、血液の量を減らすことで血圧を下げるブラディキニンという物質の破壊が避けられるので、その結果としても血圧を下げることができます。心臓や腎臓にもよい効果をもたらすとして、心不全や糖尿病性腎症などの治療にもよく使われます。
ただしACE阻害剤には特徴的な副作用として空咳があります。特に心配はいらないのですが、のどの不快感や空咳がかなり続くため、患者さんにとってはつらい面もあります。そのため、最近ではこうした副作用のないミカルディスなどのアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)が多く処方されるようになって来ています。ミカルディスは、アンジオテンシンⅡの受容体に結合して拮抗することで血圧を下げる作用を発揮します。作用機序は異なりますが、おおむねACE阻害薬と近い働きを示します。副作用が少なく安心なこと、持続性が高いので1日1回の服用で済むこと、緩やかではあるが確実に作用することなどからACE阻害剤に取って代わりつつあります。
とはいえミカルディスは他の降圧剤に比べて価格が高いこと、また心疾患を伴う高血圧の場合はACE阻害剤のほうが効果があると考える専門家もおり、完全に取って代わるには至っていません。