眼底出血と糖尿病にミカルディスと藤城式改善食事法

生活習慣病である高血圧と糖尿病は切っても切れない関係にあります。高血圧の原因と糖尿病の原因が共通している場合もあれば、高血圧と糖尿病が互いにかかわり合って別の疾患を引き起こしてしまう可能性もあります。生活習慣病には多かれ少なかれそういった関係が生じることが多いですが、特にこの二つについては注意が必要なものです。
ミカルディスは高血圧治療に用いられる薬であり、比較的新しい治療薬です。アンジオテンシン受容体拮抗薬として知られるミカルディスは血管収縮の抑制や水とナトリウムの再吸収の抑制等を介して血圧の低下をもたらします。その幅広い有効性と副作用の少なさからミカルディスは高血圧治療において第一選択薬とされることが多くなっています。そういった影響を受けてミカルディスの使用における多様な知見が集まってきており、糖尿病性腎症の進行を抑制するなどのメリットがあることから糖尿病患者においては特によく利用されています。
高血圧や糖尿病は腎臓の疾患で関連性が高いことが知られていますが、眼においても同様のことがあります。眼底出血は両者から発生しうる典型的なものです。眼底出血は糖尿病網膜症や高血圧網膜症によって引き起こされることがある眼底の出血です。腎性網膜症も眼底出血の一つとして知られており、高血圧と糖尿病が腎臓病をもたらした結果として生じることもあるリスクの高い疾患として知られています。
糖尿病治療においては民間療法として藤城式改善食事法に注目する人が増えています。藤城式改善食事法の詳細についてはそのDVD購入者にのみ知らされています。藤城式改善食事法の基本は玄米食と断食によるものであると言われており、現代科学的側面からも糖分の吸収を遅らせたり、カロリー制限をしたりする点において共通項が見られています。